尊厳死とは

患者が自らの意思で,延命処置を行うだけの医療をあえて受けずに死を迎えることをいいます。意識のない植物人間になってしまったり、意識はあっても体が動かず寝たきりになったり、意識があって体が動いても病気で際限無く苦しむような状態になってなってしまった時、本人が「これ以上生かされたくない」と望むような時に治療を止めることで死を迎える。これが尊厳死と言えるのではないでしょうか。

尊厳死宣言書とは ⇒「いざという時」の意思表示

本人が自らの意思で延命措置を中止し、「尊厳死を望む」という考えを医療関係者や家族らに意思表示するための書面をいいます。ただ日本では尊厳死についての法律がないため、その通りに実現される保証はありません。しかし、厚生省が2007年に発行した「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」に、死に貧した患者に対する治療についての指針が示されています。このガイドラインでは、本人・家族・医療チームによってきちんとした議論が行われていれば治療の中止を含めた判断を行えると明示されています。さらに、患者本人の苦痛を和らげるような処置も可能な限り行えるとされており、あらかじめ「リビング・ウィル」と呼ばれる尊厳死を望む宣誓書(尊厳死宣言書)を用意しておけば、スムーズに尊厳死をむかえることができます。

誰しも死に方や生き方を考えるものです。死が近づけば、必然的にどんな風に死ぬのかも考える事でしょう。少し前までは、死に方に対する意思表示であるリビング・ウィルを表明しても医師は参考にしてくれない、無駄だと考える人が多かったのですが、日本でもガイドラインが作られ、リビング・ウィルについてもしっかりと考えられる様になりました。高齢者であれば来るべき終活のために、若い人でも事故や突然の病気に備え、尊厳死宣言書を用意しておくと良いのかもしれません。

尊厳死宣言書の内容

尊厳死宣言書の書面の中には次の内容を盛り込む必要があります。

  1. 尊厳死の希望の意思表明
    1)
    延命措置の停止、2)苦痛を和らげる処置は最大権利用、3)植物状態での生命維持措置の停止、とう、延命治療を拒否し、苦痛を和らげる最大限の治療以外は措置を控えてもらい、安らかな最期を迎えられるようにしてほしいという希望を明示します。
  2. 尊厳死を望む理由
    尊厳死を希望する理由を明示します。理由を記載することで、家族や医療関係者への説得力が増します。
  3. 家族の同意
    尊厳死宣言書を作成しても、家族がそれに反対したら、医師はそれを無視できなくなります。
    尊厳死宣言書を作成する前に家族と話し合い、同意を得たうえで、その同意についても尊厳死宣言書に記載することが大切になります。
  4. 医療機関に対する免責
    家族や医療関係者が法的責任に問われることのないよう、また、医療関係者に安心を与えるという意味では、刑事責任だけでなく民事責任も免責するという記載をしておきます。
  5. 宣言した内容の効力
    この宣言書は、心身共に健康な時に作成したこと、自分が宣言を破棄・撤回しない限り効力を持ち続けることを明確にしておきます。
  6. 尊厳死宣言書を公正証書にする
    尊厳死宣言書に①~⑤の内容を盛り込んだとしても、それは手紙などと同じ「私文書」にすぎません。自分の最後の重大な意思をきちんと担保するために公的な証書とし、尊厳死宣言書を「公正証書」として作成、保管しておかなければなりません。

尊厳死宣言公正証書作成の手順

  1. 尊厳死宣言書の内容を決め、原案を作成する
  2. 原案をもとに公証人と内容の打ち合わせを行う
  3. 公証人から定時さラテ公正証書文案を確認し、必要に応じて修正を行う
  4. 公証役場で公正証書を作成、署名押印を行い完成
    (尊厳死宣言を遺言の付言事項に含めることは、遺言が死亡後の事項、尊厳死宣言は死亡前の事項ということで適していません。)
    (実費として、公証人手数料等が13,000円程度です。)