財産管理と身上監護

財産管理等委任契約の内容には、①財産管理と②身上監護の二つがあります。

① 財産管理事務の一例

  • 銀行からお金を引き出したり、振込みをする
  • 家賃や光熱費などの支払いをする
  • 年金などの定期的な収入の管理
  • 賃貸している土地やアパートの賃料収入の管理
  • 生命保険の契約を結んだり、保険金の請求
  • 役所での戸籍謄本や住民票の取得

など、「代理権目録」で指定した範囲

② 身上監護事務の一例

  • 病院や介護施設に入所するための手続
  • 要介護認定の申請、介護サービスの契約や変更・解除・費用の支払など、さまざまな介護・医療関係の手続が代理できます。

●弊所のサポートサービス

  • 財産管理の受任者は家族や友人などに引き受けてもらい、財産管理等委任契約書(+移行型の任意後見契約書)の作成のみを依頼する
  • 財産管理等委任契約書(+移行型の任意後見契約書)の作成のみならず、財産管理の受任者(+任意後見受任者)も弊所が引き受ける

●事務の流れ

① 財産管理等委任契約書作成  

財産管理等委任契約書単体で作成することもできますが、判断能力の低下に備えて、移行型の任意後見契約書として締結しておく方が将来への安心感へとつながります。この契約は信頼できる人(家族・友人など)や弊所行政書士と直接委任契約を締結します。そしてこの契約書は、公正証書で作成します。契約締結後すぐに財産管理をスタートさせることができます。

財産の引き渡し

預金通帳や印鑑、権利証などの財産の引き渡しを受けます(行政書士が受任者となった場合)。
金融機関へはあらかじめ事情などを説明しておいたうえで、財産管理開始時点の預金残高を明らかにするため「残高証明書」の発行を受けます。

財産管理

ご本人様の財産管理を行います(行政書士が受任者となった場合)。
行政書士が近くの銀行に「ご本人様財産管理人特定行政書士伏見友宏」という財産管理口座を開設し、ご本人様の預金からある程度の金額をその口座に移動させ、ご本人様に代わり家賃や光熱費などの経費の支出を行い管理します。

面会

定期的に行政書士がご本人様の自宅や施設等に面会に伺います(行政書士が受任者となった場合)。財産管理等の報告を行い、同時にお困りごとや体調などをお伝えください。将来に対する不安を少しでも取り除けるようなご提案をさせていただきます。

財産管理等委任契約公正証書作成料 30,000円
上記から移行型の任意後見契約公正証書 50,000円
財産管理事務
(定期訪問・電話連絡、メール・FAXでの24時間相談受付)
月額15,000円

※料金は税抜価格です。消費税は別途申し受けます。
※公証人手数料や交通費実費が別途かかります。